朝活

早起きする必要性を作ることが「早起き」する一番の方法

朝活を開催して6年になるからこそ言えることがあるが、早起きは習慣にならないと考えている。一時期は早起きは習慣にできるものであって、一旦起きる習慣ができてしまえば自然と目が覚めて行動できると信じて実践してきたが、6年たった今も未だに寝坊をすることが多々あるからだ。

世の中の情報には早起きを推奨する、または早起きする方法についてたくさん書かれているのを見かけるけど、そういった情報をいくら仕入れたところで、早起きは習慣にはならない。にもかかわらずよくわからない情報が溢れている。朝活のメリットに関する記事が一体何の役に立つのか。

早起きしたいと思っているけど早起きできない理由を考えるとき、なぜ早起きを習慣にできないのかと考えがちになるのではないかと、できない人の話を聞くと出てくる。論点が間違っている。なぜ早起きの習慣ができないのかではなく、「なぜ、早起きをする必要があるのか」を先に考えておくべきだ。

やたら早起きを推奨するメディアはほっておいて、早起きそれ自体にはなんの意味がないということを早く知っておいたほうがいい。頭は夜に比べてすっきりしているかもしれないけど、そのくらいしかメリットがない。それでも早起きする理由が仮に「本当に」あったなら、人はとっくに早く起きているはず。

仕事が9時に始まるから、我々は朝8時に起きて支度をすることができる。上司に怒られる、周りからの視線が気になる、評価に響くといった理由から就業時間という明確な起きなければならない「必要性」にかられて、我々は目を覚ますことができる。

ではどうしたら、早起きができるか。答えは明確で朝でなければならないという「必要性」を作れば良い。ではどうしたら作れるか。これが難しい。なぜなら世の中の早起きしたいという人の、早起きしたらやりたいことは早朝やる必要性がないものが多いからだ。読書、資格勉強、ヨガ、ランニング、等々。これらは朝やる必要性が残念ながらあるとはいえない。

だから必要性を作り出す必要がある。一つのアイデアを共有するなら、「誰かと一緒にやる」というのはいい方法だと思う。第三者が入ると途端に起きなければならない理由になったりする。例えば、朝7時に決まった場所で勉強する会を作る、ランニングする機会を作る等々。SNSでも友達でも、うまく巻き込めるかはわからないけど、できるなら定期的に開催したほうがいいとは思う。

私は朝活を使って、早起きする理由ができた。だから朝早く起きている。ただそれだけ。

東京の新橋で朝7時から英語勉強会を開催しています!

東京の新橋で英国エコノミスト誌を題材とした少人数制の英語勉強会を開催しています。
The Economistを読む習慣を身につけたい、 英語の勉強がしたい、自分の意見を持ちたい、早起きしたい、といったニーズに応えられるものになっています。題材は英語ですが、話し合いは日本語です。
見学でももちろんOK!学生さんから50代、男性女性問わず楽しく交流しています!
毎週月曜日はいつもより早起きして、楽しく勉強できる仲間に入りませんか?

  • follow us in feedly

関連記事

  1. 朝活参加のメリット

    朝活

    朝活2年半続けて来てわかった!朝活参加の3つのメリット

    早いもので朝活を2013年4月3日から毎日継続して朝活を行いもうすぐ2…

  2. 早起きするコツ1

    朝活

    早起きするコツなんていらない!?あなたが朝起きられない2つの理由

    早起きをしたい。忙しい社会人生活をしていると会社と家の往復ばかりか…

  3. 朝活を続けるには〇〇を変えよう!「朝活習慣化」のために変化させるべき3つのこと

    朝活

    朝活を続けるには〇〇を変えよう!「朝活習慣化」のために変化させるべき3つのこと

    なぜ、あなたの朝活は続かないのか?「朝活」とは、出社前に早起きをし…

  4. 朝活の種類

    朝活

    【朝活の種類まとめ】自分なりの朝活スタイルを見つけよう

    2009年丸の内朝大学が開講してから、メディアで多く取り上げられるなど…

  5. カフェ朝活交流会の様子

    朝活

    カフェ朝活交流会では何を話すの?よく話す内容をまとめてみた!

    カフェ朝活交流会は一体どんな内容で話をするの?カフェ朝活交流会は朝活の…

  6. レポート

    2018年年始の開催時間のお知らせ

    いつもご利用ありがとうございます! 今年も無事に終えることが出来ま…

最近の記事

  1. 朝活earlybird開催報告
  2. 朝活earlybird開催報告
  3. ひとり朝活やカフェでの勉強を成功させるための全知識
  4. 朝にやりたい5つのアクティビティ
PAGE TOP