朝活参加のメリット

朝活

朝活2年半続けて来てわかった!朝活参加の3つのメリット

早いもので朝活を2013年4月3日から毎日継続して朝活を行いもうすぐ2年半以上開催していることになります。 実にたくさんの方とお会いして人数述べ1,500人以上の方々とお会いしてきました。 いろんな人たちとの出会いは実に楽しいもので、他愛のない会話でも多くの気づきや発見があります。 今回は参加者の方々から聞いた「朝活」参加したことによってどんないいことがあったのか、多かった声をまとめてみました。

1.仕事の効率が上がった!

よく聞かれるのが、午前中の仕事の効率が上がったという声。話を聞いてみるとなんでも、朝ギリギリまで寝て出勤すると、脳が働かずなかなか仕事の効率が上がらないけど、朝活で人と話をしたり、コーヒーを飲んだりすると、脳が冴え効率が上がるようです。比較的電話の少ない午前中に仕事を片付けて、残業を少なくできるので、その日1日が充実的に!?

2.モチベーションが上がる!

やはり会社と家の往復だと、人との交流が限られなかなか自分自身を奮い立たせて、何か行動しようという気にはなりにくいようですが、朝活ではアクティブな方々が多数いらっしゃることもあるので、その人の話を聞くだけでモチベーションが上がり、気分がよくなります。朱に交われば赤くなるの言葉通りモチベーションを上げたいならば、モチベーションの高い人たちがいる環境に身を置くというのは一つの有用な手段でしょう。

3.暗い気分が明るくなる!

夜遅くまで起きていたり朝ダラダラしている生活を繰り返していると、気分もふさぎがちになり、どうしても気分も冴え渡らないもの。朝活で人と話すとすごく充実した気分になるため、気持ちが明るくなるいう方々が何人もいます。 人と直接会って、話をするというのは、人間にとっては基本的なコミュニケーション手段です。しかしラインやフェイスブックのようなSNSやメッセンジャーで用件だけを伝えるコミュニケーションが多く取り交わされるようになってきました。ですから、その基本的なコミュニケーションを求め朝活にいらっしゃる方々が多数いらっしゃいます。 いかがだったでしょうか。朝活は「朝」「対面で話をする」だけのシンプルな活動ですが、 意外にも多くのメリットがあるもの。ぜひ興味がありましたら、近く場所で朝活をやっていないか検索してみるのもよいでしょう。

東京の新橋で朝7時から英語勉強会を開催しています!

東京の新橋で英国エコノミスト誌を使った少人数制の勉強会を開催しています。
The Economistを読む習慣を身につけたい、 英語の勉強がしたい、自分の意見を持ちたい、早起きしたい、といったニーズに応えられるものになっています。

毎週月曜日はいつもより早起きして、楽しく勉強できる仲間に入りませんか?

関連記事

  1. 朝活経験豊富なearlybirdがこっそり教える! 「ひとり朝活」に最適なカフェ選び・4つのポイント

    朝活

    朝活経験豊富なearlybirdがこっそり教える! ひとり朝活に最適なカフェ選び4つのポイント

    カフェ選びを失敗すると朝活も難しくなる!?「ひとりで朝活を始めよう…

  2. 朝活の種類

    朝活

    【朝活の種類まとめ】自分なりの朝活スタイルを見つけよう

    2009年丸の内朝大学が開講してから、メディアで多く取り上げられるなど…

  3. 朝活するのにおすすめなカフェ

    朝活

    【東京23区内】出勤前に朝活ができるオススメカフェ(※随時更新)

    資格勉強であれ、読書であれ、朝活をやるときにカフェを活用する方法は良い…

  4. 早起きするコツ1

    朝活

    早起きするコツなんていらない!?あなたが朝起きられない2つの理由

    早起きをしたい。忙しい社会人生活をしていると会社と家の往復ばかりか…

  5. 朝にやりたい5つのアクティビティ

    朝活

    【翻訳記事】早起きしてやりたい5つのアクティビティ

    ※朝活に良い記事を見つけたので著者の方に許可を得て転載・翻訳をしていま…

  6. Economistを登録する

最近の記事

  1. 朝活earlybird開催報告
  2. 朝活earlybird開催報告
  3. ひとり朝活やカフェでの勉強を成功させるための全知識
  4. 朝にやりたい5つのアクティビティ
  5. なぜ、ニュースを無視してThe Economist(エコノミスト)誌を読むのか?
PAGE TOP